ETC(ECOM Technical Center)

合言葉はSurprise!2017年7月19日、エコム本社工場がコンセプトを新たに エコムテクニカルセンター 通称ETC(ECOM Technical Center)として生まれ変わりました。弊社は創業から一貫して、省エネ技術で地球環境に貢献することを掲げてきました。同センターはその取り組みを発信するソリューションセンターとして、お客様に最新の熱技術を提案することを目的としています。


コンセプト

ワークテスト(加熱トライ)をマイスターと共に

ワークテスト(加熱トライ)をマイスターと共に

高速熱風炉、IR連続炉ほか、4台のテスト機を常設しています(下写真参照)。お客様はワークを持ち込んで、経験豊富なスタッフと共に加熱テストを行うことができます。国家資格であるエネルギー管理士を有したスタッフが社内に9名所属しており、最適な熱処理条件を導き出すお手伝いをさせて頂きます。エコムがこの加熱テストのサービスを開始してから現在までに約250件のテストを実施しており、既存の熱処理と比較して50%の省エネ、時間短縮に成功した事例もあります。設備更新前の条件出しにぜひご利用ください。

「現場で実技」のセミナーを実施

「現場で実技」のセミナーを実施

エコムの人気企画「メンテナンスセミナー」「省エネセミナー」を同センターで実施します。すでに過去10回開催していますが、座学だけでなく実機を用いての実技研修が好評で、毎回募集開始から2日で定員に達するほどの人気セミナーです。

触れて確かめる、新技術。

触れて確かめる、新技術。

エコムオリジナルの排熱回収バーナecoNext(エコネクスト)、新しい回転機構を採用したリジェネレイティブバーナTERRA PAC(テラパック)を展示します。高効率と低NOxの両立を可能にする高温空気燃焼技術、通称フレームレス燃焼の特徴をわかりやすくプレゼンテーションいたします。

テスト機ラインナップ

高速熱風循環炉

高速熱風循環炉

昇温時間短縮、温度の均一性をめざして、お客様のワークに適した熱処理条件を出すためのテスト炉です。パンチング方式、スリット方式など、様々なタイプのノズルを取り付けることで、最適な風量や風向きの調節が可能です。テストではデーターロガーを使用して実際のワーク温度を測定します。

遠赤外線加熱炉(連続式)

遠赤外線加熱炉(連続式)

中・遠赤外線は物質に吸収され、直接分子や結晶を振動させて熱エネルギーに変えます。物質が吸収する波長域はその物質固有のものであり、対象物が最もよく吸収する波長域の赤外線ヒータを選択することが大切です。ゾーン毎に温度や距離、熱風の有無などのパラメータを変えて熱処理条件を決定します。

台車式電気炉

台車式電気炉

プログラム温調計を使った温度制御が可能で、長時間加熱(ワークの耐久試験)を行うことができます。金属表面処理等のテストが可能です。

過熱蒸気発生装置

過熱蒸気発生装置

過熱蒸気は加熱空気に比べて単位面積あたりの熱容量が大きく、非常に高い熱伝導率性を持ちます。過熱蒸気は水の分子しか存在しない低酸素状態の気体であるため、被加熱物が酸化せず、火災の危険性が低いというメリットもあります。エコムでは小型炉のノズルから過熱蒸気を吹き出し、テストを実施します。

遠中赤外線加熱炉(バッチ式)

上記遠赤外線装置(連続式)と異なり、中赤外線による加熱環境も備えたハイブリッドテスト機となります。中赤外線であればより高速度の昇温が可能なほか、遠赤外線では難しい金属の加熱を視野に入れてテストを実施することが可能です。各熱源の出力の他、1㎜単位での高さの調整により、最適な加熱条件を提出致します。中・遠赤外線は物質によく吸収され、直接分子や結晶を振動させて熱エネルギーに変えます。放射方式の為、効率の良い加熱方法と言えます。

コンパクトモジュール型ハイブリッド熱処理炉

コンパクトモジュール型ハイブリッド熱処理炉

高出力で急速に加熱できるガスバーナと温度制御を高精度に行う電気ヒータを使い分けるハイブリッドヒータの搭載や、循環ファンのインバータ制御により、熱処理の工程毎に最適な熱源と風速を設定することが可能となりました。これにより開発品と同等の処理能力を有する従来の熱風循環型熱処理炉と比較して、約5 0 % の省エネを実現しました。 またガスバーナと電気ヒータの一体化や装置構成の最適化を行ったことにより、約5 0 % の小型化を実現しました。

コンパクトT6熱処理装置

コンパクトT6熱処理装置

溶体化~時効硬化処理を可能するコンパクトスペース型バッチ式T6熱処理テスト装置となります。
溶体化炉:高速熱風式+自社製省エネバーナ(熱交換器搭載型)ENX-120Sによる省エネ機
時効炉:高速熱風式電気炉 低温域~中温域まで調整可能
焼き入れ装置:溶体処理後 6秒以内に水没焼き入れ可(15℃~85℃温調付き)
※ 熱処理条件出しに最適なシステムです。


フォトギャラリー

  • ETC 壁
  • ETC 全体
  • ETC HAUS
  • ETC HAUS内
  • ETC ロゴ LED
  • ETC デスクとチェア
  • ETCzベンチ
  • ETC 壁にホワイトボード
  • ETC 大型モニタ
  • ETC 研修機
  • ETC 省エネバーナ ecoNext
  • ETC打ち合わせ
  • ETC 加熱テスト
  • ETC ゆったりできるソファ
  • ETC 間接照明

アクセスマップ

ヒートトライアルの事例集


ワークテストのマイスターへのインタビュー

エコムテクニカルセンターでは、経験豊富な「ワークテストマイスター」がお客様と共にそのワークにとって最適な条件を求めてテストを重ね、そこで導かれた新しい熱処理条件をもとに、コンパクトでより省エネな装置をご提案しています。今回はマイスター達に最近担当したワークテスト事情について、話を聞いてみました。

新しい材質の樹脂 をワークテストしました

目的
部品の材質を鉄・アルミから、最近流行のCFRP(炭素繊維強化プラスチック)の樹脂に変更! 最適な熱処理条件を見つけたい。
困った事
熱処理に時間がかかりすぎるのですが、新素材のため、最適な熱処理条件の情報が無し。客先の生技・開発さんも悩んでました。
結果は
特殊ヒーターと熱風のハイブリッドで提案! エコムでトライした結果、他社よりも1/4ほど熱処理時間短縮となりました。
ポイント
遠赤外線加熱炉 を使用

コンプレッサー用部品 をワークテストしました

目的
大量バッチ処理を1個流しへ仕様変更。
製品1個に対する熱処理条件の検討。
困った事
大量バッチ処理の為、製品の不均一処理が出る。
結果は
アルミ素材の製品への風の当て方、風速・風量・風と製品の距離など多くの項目を最適化。さまざまな条件を検討した後に50パターン以上のテストを重ねて製品1個に対するベストな熱処理条件を発見しました。
ポイント
高速熱風炉 を使用

モーター部品 をワークテストしました

目的
鉄素材の製品1個の昇温最速タイムの検討。
困った事
現状40分昇温にかかっている。
結果は
今回は熱風の吹き出し方法を変更! ダウンフロー+サイドフローで風を3方向から製品に当てたところ、昇温時間を15分までに短縮!
ポイント
高速熱風炉 を使用

食品・ペットフード をワークテストしました

目的
食品の風味を良くさせ、均等に焼きたい。
困った事
既存設備だと焼きむらがでる。
結果は
遠赤外線ヒーターで食品を焼くと風味が香ばしく、尚且つ表面は均等に焼けました!
ポイント
遠赤外線加熱炉 を使用(※猫に食べてもらったら遠赤外線で焼いた方を食べました!)

コラム 人間だけでなく設備にも働き方改革を!

新聞・テレビでも連日耳にする「働き方改革」。スタッフの負担を減らし、業務の効率化、生産力維持を図るこの施策は、今日多くの企業で導入されてきています。ではこの「働き方改革」、人間にだけ導入して満足していませんか? 工場では人間のスタッフ以上に機械設備も働いています。「今までやっていたから」、「たぶんこれくらいだろう」と根拠のない条件で非効率な長時間労働を強いていないでしょうか。今こそ「設備の働き方」について考えてみましょう。

ワークテストで根拠のある条件設定

人も設備も昔は正しかった働き方が、今も正しい働き方だとは限りません。長年やってきた条件であっても実は根拠がなかったり、改造や仕様変更で根拠が変わっていたりということがあります。既存の条件が本当に最適なのか、一度テストしてみることをお勧めします。

新素材でも最適条件でのスタート

新人育成の効率化と同じように、設備でも新たな素材やプロセスでの条件決定を効率化することが必要です。社内にテスト機がない、業務が忙しくトライ&エラーができないなどお困りの場合はエコムテストセンターにて条件、プロセスの最適化をお手伝いいたします。

テスト機のダイバーシティ(多様な装置の活用)推進

当テストセンターでは、熱処理における最適な条件設定を実現するため、様々なテスト用加熱炉を用意しています。乾燥炉、焼成炉、熱処理炉などあらゆる工業炉に対応し、豊富な経験を持つエンジニアが、設備の抱える問題を捉え最適なソリューションを提供します。

設備名 温度
高速熱風循環炉 550℃
遠赤外線加熱炉(連続式) 200℃
台車式電気炉 1,200℃
過熱蒸気発生装置 700℃
ハイブリッド型アニール装置 200℃

時短・省エネ事例

短時間で全体が昇温し、温度分布が均一となるため燃料などエネルギーの消費が少なくなり、時短と同時に省エネを図れます。

急な試作品製作や、規格外品の対応等も可能です。

試作開発品の製作など、少ロットの製作も承ります。製品仕様の確認や新規開発品のサンプルとしてご利用ください。素材の熱処理加工に最適な条件出しなどもそのままの流れから可能です。ぜひお問い合わせください!