シーズヒーター

シーズヒーターの棒型構造

金属管(※)を中心にスパイラル状の電熱線を、高度な電気絶縁性と熱伝導性を有する耐熱絶縁材を充填し、スエージングマシン又はプレス等によって圧縮し内部密度は極限まで高めて製作される発熱体です。

シーズヒーターは比較的容易に曲げることが出来ますので、多くの用途に対応した発熱形態や形状に加工できる幅広い用途性を持っています。

この遠赤外線ヒーターは従来の石英管ヒーター、赤外線ランプでは得られなかった輻射効率の最も良い3μ~50μ以上の遠赤外線が得られるので、輻射過熱に於いて著しい省エネルギー効果が得られます。

※金属管は用途により、鉄、銅、各種ステンレス、インコロイ、インコネル、チタン等のものが用いられます。

シーズヒーター・フィン付き


 

見積依頼フォーム

このページの先頭にもどる