トップページメールマガジン > メールマガジンバックナンバー 2015年11月号 Vol.37

メールマガジンバックナンバー 2015年12月号 Vol.38

メールマガジンバックナンバー 2015年12月号 Vol.38

平成27年12月 株式会社エコム
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
  エンジニアのための熱技術情報誌
熱技術ニュース【2015年12月号】 処理ワークテスト.com
http://netsushoriworktest.com/ ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■ 今年も残すところ半月となりました。 お陰様で30周年を迎えたエコムですが、この冬、創業以来初めての
定年退職者を2名送り出すことができました。 お世話になった取引先の皆様に、本人に代わりお礼申し上げます。 では今月もエンジニアのための熱技術情報誌【熱技術ニュース】を PDF形式の添付ファイルで送付させていただきます。 熱設備の省エネ&コストダウンにお役立ていただければ幸いです。 熱技術ニュース編集部一同 ┌─┐ │1│ 12月号の熱技術ニュース★ヘッドライン★ └─┴──────────────────────────────── 1.今月のマイスター:経理部 幡野 雄一(はたのゆういち)
2.解説します【 加熱炉の熱膨張対策 】  加熱炉の設計で難しいことのひとつに、 熱を加えると加熱炉自体も変形する、ということがあります。 炉内のワークを加熱すれば、炉自体も熱くなるのですから
考えてみれば当たり前なのですが、これが意外な盲点に。 炉が歪んでワークを搬送するチェーンがたるんで脱線したり、
ボルトが外れるといったトラブルを引き起こします。 そんな加熱炉の熱膨張対策について解説します。
3.火炎検出器の基礎知識 ガスバーナーの安全装置に「火炎検出器」があります。
バーナーの炎の有無を監視し、バーナーコントローラーに電気信号を送る という燃焼制御において重要な役割を果たしています。 主に「ウルトラビジョン」と「フレームロッド」の2種類があり、
それぞれに長所短所があります。
4.近赤外線ヒーター or 中赤外線ヒーター コストダウンできるのはどっち??
5.熱処理ワークテスト事例 【鉄の型鋳造】
テストセンターに鉄の型鋳造のテスト依頼がきました。
型鍛造は単に金型に入れて加圧すればいいというものではなく・・・
★★★★詳しくは本メールに添付のPDFファイルをご覧ください★★★ ┌─┐ │2│大好評! プロが教えるシリーズ無料プレゼント! └─┴──────────────────────────────── ★プロが教える! 【加熱省エネルギーハンドブック】 ★プロが教える! 【工業用ガスバーナ メンテナンス技術ハンドブック】
工場における加熱設備の保守、省エネルギーについて、
基礎知識を分かりやすく、絵付きで解説しています。 ガスバーナのついた加熱設備は、「労働安全衛生法」の定めにより、
定期的な点検が義務づけられていますが、実際は点検が行われず、
事故を起こすケースもあります。 事故やトラブルを未然に防ぐためには、日々の点検が必要です。
点検を行うことで結果的に省エネやコストダウンにも繋がります。
★ハンドブック無料プレゼント★ お申込みはこちらから ↓↓↓ http://www.ecom-jp.co.jp/handbook/ このメールは当社に資料を請求して頂いた方や、展示会で当社ブースへお越し
頂いた方、弊社営業と名刺交換させて頂いた方にお送りしております。 メールが不要な方、アドレスの変更がある方は、お手数ですが以下のアドレスまで ご連絡をお願いいたします。 ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■ 熱技術ニュースのバックナンバーはこちら
http://www.ecom-jp.co.jp/ecom_news/ 株式会社エコム
http://www.ecom-jp.co.jp/ 熱処理ワークテスト.com
http://netsushoriworktest.com/ 本社/研究所 :〒431-2103 静岡県浜松市北区新都田4-5-6(浜松テクノポリス内) 第三工場:〒434-0041 静岡県浜松市浜北区平口字姥ヶ谷5281-3 ■お問合わせ
Email:mailmaga@ecom-jp.co.jp
TEL : 053-484-1122
FAX : 053-484-1124
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
このページの先頭にもどる

Copyright (C) Ecology and Combustion Inc. All Rights Reserved.