トップページ 製品情報 > メンテナンスサービス(EMS)

エコムメンテナンスサービス(EMS)

「エコム メンテナンスサービス(EMS:Ecom Maintenance Service)」について、私がご説明します。株式会社エコム 営業部 EMSチーム リーダー 梅田知位
株式会社エコム 営業部 EMSチーム リーダー 梅田知位

エコムメンテナンスサービス(EMS)は、燃焼機器(バーナ)の点検・修理を行うサービスです。北は北海道から南は九州まで、 日本全国500社以上のお客様から信頼を得て、定期メンテナンスや突発的な不具合に対応する緊急メンテナンスを行っています。

エコムは燃焼機器のメンテナンスにおいて業界No.1を目指します!

トラブルに迅速に駆けつけます

お客様の工場において、設備を立ち上げようとしたら立ち上がらない! そうしたトラブルが起こってしまった場合にも、できるだけ迅速に駆けつける体制をとっています。不具合が起きるのは、平日の日中だけとは限りません。 早朝、深夜、週末でも、お客様のご要望に合わせて、24時間いつでも作業に対応できる体制づくりを目指しています。
弊社では「あいにく担当者が不在で対応できません」といった言葉は使いません。またEMSチームの人員だけでなく、 営業の社員もメンテナンスをしっかり行えるのがエコムの強みでもあります。
メンテナンスへ出発です!

他メーカーのバーナにも対応

エコム製以外のバーナのメンテナンスもお任せください。エコムでは他メーカーのものをご使用中の工場にも出向くことが多々あります。 それは直接その工場の方からのご依頼である場合以外に、商社やガス会社といった、間に入っている業者様が「エコムに聞けばなんとかなる」 という認識を持ってくださっているから。確かな技術力と誇りをもって、他社製のバーナもしっかりメンテナンスいたします。

メンテナンスから新製品開発へフィードバック

バーナのメンテナンスからスタートしたエコム。チーム一同、メンテナンスこそが弊社のコア事業であるという認識をもっています。またメンテナンス重視の視点を持つことで、不具合が起こりにくく、使いやすい、さらには、 いざというときに修理しやすい設備をつくり上げることができるのだとも考えます。EMSチームは、お客様と接する最前線ご要望を新製品開発へとフィードバックし、業界をリードするものづくりを行っています。

各種工業炉の測定を実施しています

良い製品作りは温度分布の把握から始まります。エコムでは熱風発生機など、各種工業炉の測定を実施しています。 省エネルギー管理、環境管理を実践してみませんか。

1.燃焼排ガス測定
熱風発生機、各種工業炉、熱媒ヒータ、焼却炉等の燃焼排ガスの成分を対象とし、燃料(液体燃料、気体燃料、固体燃料)を燃焼する 排ガスのほとんどが測定、分析可能です。

計測項目:酸素濃度(O2)、一酸化炭素濃度(CO)、一酸化窒素濃度(NO)、排ガス温度、室内温度、圧力
演算項目:窒素酸化物濃度(NOx)、二酸化炭素濃度(CO2)、燃焼効率、排ガス損失、燃焼空気比など
※測定器は燃焼排ガス分析計(HT-1600N:HODAKA) ほか

2.物温測定
各装置の温度測定(ワーク温度、温度分布)が可能です。また、定位置式(バッチ式)のものから、連続式(コンベア搬送等)のものまで測定可能です。

連続式:200℃(8h)、600℃(2.75h)、1000℃(1.25h)
※測定器はDatapac Insight Furnace Tracker(DATA PAC) ほか

3.温度調節計点検・校正
温度制御の心臓部といわれる温度調節計の点検・校正をしています。温度調節計をはじめ、温度表示器、温度記録計などメーカーを問わず対応可能です。
※測定器はHandy Calibrator 710(YOKOGAWA) ほか

加熱設備の省エネルギー診断を実施しています

現在ご利用の工業炉に、省エネルギー対策はされていますか?
サーモグラフィイメージ

工業炉の省エネルギー対策は、
     ①操業の管理・改善
     ②省エネルギー機器の導入
     ③生産工程の抜本的改革
上記3段階に分けられます。まずは第一段階である①操業の管理・改善を行うための “省エネルギー診断”を実施し、現状の使用状態を把握する事が大切です。

診断の詳細はこちらをクリックしてください。
熱設備省エネルギー診断

ガスバーナのメンテナンスハンドブック差し上げます

 
メンテナンスハンドブック
ガスバーナを含む工業炉のメンテナンスハンドブックを製作しました。
最新JIS B 5415安全通則に対応し、全24ページで構成されています。
燃焼装置の機器説明から省エネルギー、環境対策まで、あらゆる視点から工業炉をやさしく解説をしています。
また、困ったときのトラブルシューティング等、即役立つ情報も満載です。
この機会に是非、永久保存版としてご活用ください。

ハンドブックの詳細はこちらをクリックしてください。
熱設備技術ハンドブック

工業用燃焼炉の安全通則適合診断を実施します【地域限定サービス】

  2008年11月20日、
工業用燃焼炉の安全通則(JIS B 8415)が改正されました。

この規格はISO12100(基本概念、設計のための一般通則)や、JIS B 9700(機械類の安全性・設計のための基本概念)、 または労働安全衛生法改訂を基礎としています。 この改訂に伴い、日本の工業用燃焼炉でも、欧州規格(EN746)や米国規格(NFPA86)などの規格との整合を図るとともに、 将来のISO化を考慮したリスクアセスメントによる安全手法が必要となりました。

今お使いになっている燃焼設備が改定規格(JIS B 8415)に適合しているか、
無料で、診断いたします。

【静岡県・愛知県】の皆様に向けての、 【地域限定サービス】になります。

・改定チェックポイントを元に、燃焼設備を診断!
・燃焼機器、安全装置、制御回路をくまなくチェック!
・設備稼働中でも大丈夫!
・規格適合へのアドバイス!

診断は【先着順・予約制】となりますので、お早めにご連絡ください。

定期メンテナンスをお勧めする5つのメリット

いかに長く、順調に機器をお使いいただけるかは、メンテナンスにかかっています。 壊れてから直すのでは、時間も費用も多くを要し、お客様にとってデメリットとなります。定期的に見させていただくことで設備の状態がつかみやすくなりますし、突如止まるといった大きな不具合を防ぐために、先手を打っていくこともできます。
定期メンテナンスをお勧めする5つのメリット
信頼いただくメンテナンスを提供するために、チーム一丸となり、常に最新の技術の習得に努めています。 設備が正常に動き始めて、お客様がホッとした表情をお見せくださるとき、また、定期メンテナンスに伺う私たちを笑顔で迎えてくださるとき、 その責任の重さをいっそう感じています。バーナ、燃焼機器をはじめとする工場設備のメンテナンスはぜひエコムにお任せください。
このページの先頭にもどる

Copyright (C) Ecology and Combustion Inc. All Rights Reserved.