トップページ熱技術ハンドブック

熱技術ハンドブック

当ハンドブックでは加熱設備の省エネルギーについての基礎知識を出来るだけ分かりやすく、 絵付きで解説しています。
また、平成22年に施行された改正省エネ法に規制されている「工場・事業場」における燃焼設備の管理手法(特にガスバーナを使用した設備)についても具体的な事例を用いて解説しました。
・加熱設備のエネルギー収支について
・加熱設備の保守管理(省エネ編)
・加熱設備の省エネルギー手法
(1)バーナ編
(2)電気編
(3)システム編
・省エネルギー事例集
(1)CASE1 空気比の調整による省エネルギー
(2)CASE2 排熱回収バーナの搭載
(3)CASE3 断熱強化による省エネルギー
(4)CASE4 炉内容積を減少させる
・改正省エネ法における加熱設備の保守管理について
・技術便覧
  (全26ページ)

ガスバーナのついた加熱設備は、「労働安全衛生法」の定めにより、定期的な点検が義務づけられています。しかし実際は、点検を行っていない設備も多く、事故を起こすケースもあります。

点検を行う一番の目的は 安全 です。
そして、事故、トラブルを未然に防ぐためには日々の 点検 が必要です。

「点検する」それは結果的に省エネルギーやコストダウンに繋がっていきます。
そのための一助として、このハンドブックがお役に立てれば幸いです。

・定期点検が必要な理由
 ~こんな現象はありませんか~
・工業用燃焼炉の安全規格について
 (1)労働安全衛生法
 (2)工業用燃焼炉の安全通則
         「JIS B 8415」(2008年改正)
・メンテナンスは5層ピラミッド
 レベル1 安全の視点から
 レベル2 品質の視点から
 レベル3 保全の視点から
 レベル4 省エネの視点から
 レベル5 環境の視点から
・トラブルシューティング
 ~もしバーナが着火しなかったら~
・TOPICS 省エネ法が変わりました!
  (全22ページ)
ハンドブックの請求はこちら
このページの先頭にもどる

Copyright (C) Ecology and Combustion Inc. All Rights Reserved.