トップページメールマガジン > メールマガジンバックナンバー 2011年11月号 Vol.11

メールマガジンバックナンバー 2011年11月号 Vol.11

メールマガジンバックナンバー 2011年11月号 Vol.11

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ECOM■■
■■■■   エンジニア向けメールマガジン
■■     熱技術テクニカルレポート【2011年11月号 Vol.11】
■ 発行:株式会社エコム http://www.ecom-jp.co.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
株式会社エコムが提供する熱エンジニアリング技術情報サイト
    熱処理ワークテスト.com: http://netsushoriworktest.com/ 
───────────────────────────────────
   -----------------------------------------------------------------------
このメールは以前当社に資料を請求して頂いた方や、展示会で当社ブース
へお越し頂いた方にお送りしております。
今後メールが不要な方、また部署等の変更がある方はお手数ですが文末よ
り解除、変更をお願い致します。
   -----------------------------------------------------------------------

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
 ┏━━━┓
 ┃\_/┃ 11月号のコンテンツ
 ┗━━━┛
   -----------------------------------------------------------------------

1.【今月のトピックス】
    「熱技術ニュース」を発行

2.【今月の省エネ事例】
    ・省エネバーナ「ECONEXT」による
            アルミ保持炉(前炉)の省エネ事例

3.【エコム情報】
    ・熱流体解析シミュレーション導入-近況報告

   -----------------------------------------------------------------------

  
□□■□■□□□□□□■□■□□□□□□■□■□□□□□□

1.【今月のトピックス】 
     「熱技術ニュース」を発行

□□□□■□■□□□□□□■□■□□□□□□■□■□□□□

 ”エンジニアのための熱技術情報サイト”からの
  「熱技術ニュース」より情報提供をしております。

今回はそのニュースからコンテンツを一つ紹介-------------------------★★★

 ■炉体に断熱材を貼り付けて省エネした事例
  ■扉・点検口パッキン交換による放熱抑制事例

        ===>http://www.ecom-jp.co.jp/ecom_news/index.html

「いったい、何%ぐらい炉体から放散しているの?10%?それとも50%?」

エコムでは加熱設備全体の熱収支の計算も承ります。

また、断熱強化工事は省エネ対策のみならず、作業環境の改善と言う視点からも、
要望が多い工事の一つです。


□□■□■□□□□□□■□■□□□□□□■□■□□□□□□

2.【今月の省エネ事例】
      省エネバーナ「ECO-NEXT]による
               アルミ前炉の省エネ事例

□□□□■□■□□□□□□■□■□□□□□□■□■□□□□

今月の省エネ事例は鋳造現場で使用されている「前炉」です。
省エネバーナ「ECO-NEXT」にバーナ交換する事で大きな省エネを実現でき
ましたので、ご報告します。

炉種        : 前炉(4ton保持)
稼動時間    : 24時間(年間7,200hr)
ガス種      : 都市ガス(13A)  発熱量11,000(kcal/Nm3-13A)
省エネバーナ: ECO-NEXT(240kWタイプ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー      
燃料使用量              (Nm3/hr)       (Nm3/day)    (削減率)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
従来型(排熱回収なし)      14.5             348            ---
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ECO-NEXT」へ交換          9.0             216           -37%
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*ガス代が80(円/Nm3-13A)と仮定すると、年間で300万円以上のガス代の
削減につながります。

  一度検討してみてはいかがでしょうか?

  バーナ詳細はこちら
      ===>http://www.ecom-jp.co.jp/product/burner2.html


□□■□■□□□□□□■□■□□□□□□■□■□□□□□□

3.【エコム情報】
     熱流体解析ソフト導入しました。
       
□□□□■□■□□□□□□■□■□□□□□□■□■□□□□

前号ブログで紹介した”熱流体解析ソフト”がいよいよ導入されました。
今までの経験を踏まえながらシミュレーションを行っています。
最適な加熱条件を持つ炉体内部の構造を検討するために、

   ◆ワークの置き方
   ◆風量、風圧
   ◆温度
   ◆炉体断面形状、ゾーン分け
   ◆ノズルの形状、向き、位置、取付箇所

等を変更しながら、最適構造を検討します。
ワーク温度の分布が視覚的にサーモグラフィーのように現れます。
様々な条件を検討し、この結果を実機設計に反映しています。
 
よりよい製品作りとコスト低減案を提案するため、これからも新しい技術を
導入していきます。

また、当社内でのノウハウの蓄積ができましたら、サービスの一環として
ご紹介する予定ですので、今しばらくお待ちください!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■発行
株式会社エコム
http://www.ecom-jp.co.jp/
本社/研究所:〒431-2103 静岡県浜松市北区新都田4-5-6 
第三工場    :〒434-0041 静岡県浜松市浜北区平口字姥ヶ谷5281-3
運営担当/瀧本(タキモト)

■お問合わせ
Email:mailmaga@ecom-jp.co.jp
TEL : 053-484-1122
FAX : 053-484-1124

ご意見、ご感想、ご質問、ご相談、資料請求などは
>>> mailmaga@ecom-jp.co.jp

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


このページの先頭にもどる

Copyright (C) Ecology and Combustion Inc. All Rights Reserved.