トップページ採用案内 > 営業部 鈴木祥吾

社員インタビュー 営業部 鈴木祥吾

時代をリードする提案型の営業、日々、仕事の醍醐味を感じています 営業部 鈴木 祥吾

株式会社エコム 営業部 鈴木 祥吾 仕事は、はい、やりがいを感じていますね。入社したての頃は、同期とワイワイ友達づきあいを楽しむ感じでしたが、入社3~4年目からは仕事そのものの楽しさを覚え、俄然おもしろくなってきました。それは、上司の指示を仰いで動いていた頃から成長し、徐々にポジションを任せてもらえるようになってきた時期とちょうど重なります。

 私の仕事は営業。形のないものを形にしていくこと。お客様の要望・要求を込めて形づくっていくこと。こんな設備がほしいとおっしゃる声を聞いて、持てる知識をフル活用して「こうしましょう」「ああしましょう」と提案していくところに大きな“やりがい”を感じています

 少し具体的に申しますと、扱うのは加熱設備。脱臭装置をメインにしています。お客様が、たとえば工場の排ガスの処理に苦慮しておられたら、ご要望をふまえた装置を法規制にのっとりながら提案していきます。環境問題が深刻に取り上げられている“いま”という時代に合った、いえ、時代をリードさえする提案営業ができることに大きな誇りを感じています。

 簡単なことではありませんから、仕事には苦労も厳しさもたくさんあって、楽しさと厳しさはもしかして同じなのかもと思いますね。ちょっとミスをしてしまうとたちまち苦労になり、うまくいくと喜びが勝るんです。

 ミスといえば、受注設備を立ち上げるにあたって私の読みの甘さから、お客様にご満足いただける仕様を出せなかったという大きな困難にぶつかったことが実はあります。納期もあるなか、徹夜を重ね、製造、設計、部署を越えてみんなでなんとかしようと一丸となって助けてくれたのです。苦い思い出ながら、忘れられない出来事ともなりました。

 いま、「部署を越えて」と申し上げましたが、わが社の社風はまさにそこにあります。私は営業ですが、当然メンテナンスもしますし、設計の人たちが忙しいときは参考図程度にですがCADも引きます。人間関係がいいから、信頼しあえているから、「何でもやらせてもらえる」――、そこがとても大きな魅力。もちろん、間違っていたら上司がしっかり正しい道筋を示してくれます。

 新卒入社ですから、入社当初は、仕事とは何か、私には何ができるのか、具体的なことは何一つわからずにいました。でも、ここでならきっと“何か”を見つけていける!といったワクワク感は強くありましたね。この会社に流れるいい雰囲気をすでに察知できていたからだと思います。そのいい雰囲気って、社員たちが作り上げているものなんですよね。

鈴木 祥吾 すずき しょうご
‘95年入社。以来営業部に所属。メンテナンスや設置の打ち合わせまで、幅広く業務をこなす。現在は、リーダーとして個人目標の達成だけでなく後輩の指導にあたるケースも多い。

このページの先頭にもどる

Copyright (C) Ecology and Combustion Inc. All Rights Reserved.