トップページ製品情報 > アルミ溶解・保持炉

アルミ熱処理炉

エコムテストセンターにて最適処理条件を再検証することにより、昇温時間、均熱時間、均熱温度等を見直し、コンパクトな装置をご提案いたします。

エレベータ式T6熱処理装置

B1に焼入れ水槽、1Fに溶体化炉、2Fに時効炉を縦型に設置。ワークが入ったバスケットをテーブルの上においてスタートボタンを押すことで、溶体化処理から焼き入れ処理、時効処理までを全自動で行う装置です。

装置名

エレベータ式T6熱処理装置

方式

ガスバーナによる熱風循環方式

設備寸法

溶体化炉:W2500×L4000×H3000mm

時効炉:W2500×L3300×H2800mm
温度制御

溶体化炉:MAX530℃
時効炉:MAX250℃

焼入れ水槽:MAX75℃

熱源(容量)

溶体化炉:ガスバーナ

(200,000kcal/h)
時効炉:ガスバーナ

(50,000kcal/h)

搬送方式

ローラーハースコンベア方式(炉内)、チェーン駆動コンベア(上下移載)

連続式アルミT5熱処理炉

電気ヒータによる熱風循環式T5熱処理炉です。炉内は4ゾーンで温度制御され、均一な温度分布を実現しています。ロボットで自動投入されたワークは熱処理後、冷却ファンにより空冷されます。タクト搬送によるインラインT5熱処理炉です。

装置名

連続式アルミT5熱処理炉

方式

電気熱風循環式

設備寸法

W1500×L8500×H2000 mm

温度制御

MAX:230℃

熱源(容量) 電気ヒータ(合計90kW)
搬送方式

チェーンコンベア式

その他

冷却機構付き、タクト搬送方式

アルミT6熱処理炉

アルミ部品のインラインT6熱処理炉です。バスケットに収納されたワークは全自動で溶体化処理後、20秒以内に水焼入れを終了し、その後時効処理を行います。炉内は特殊なノズル構造により、従来装置に比べ昇温しずらい中心部を、より高速に昇温させる事が可能です。

装置名

アルミT6熱処理炉

方式

電気ヒータによる熱風循環方式

設備構成

溶体化炉/水焼入れ装置(昇降装置付き)/時効炉/搬送コンベア/制御盤

設備寸法

溶体化炉

W2000×L6500×H2500mm

時効炉W1800×L6500×H2500mm

水焼入れ装置W2000×L1300×H1500 mm

基準水量 3ton

温度制御 溶体化炉 MAX550℃
時効炉 MAX300℃
水焼入れ装置 MAX75℃
熱源(容量)

溶体化炉240kW(電気ヒータ)
時効炉120kW (電気ヒータ)
水焼入れ装置60kW(電気ヒータ)

搬送

ローラーコンベア方式

アルミT5熱処理炉

ガス式の高速熱風循環炉で炉内上面に熱風の吹き出しスリットノズルを有し、対象ワークを高速に昇温させます。チェーンコンベア式による自動搬送で、ロボット連動による1個流しを実現しています。

装置名

アルミT5熱処理炉

方式

ガス熱風循環式

設備寸法

W1500×D3700×H2000 mm

温度制御 MAX:250℃
熱源(容量)

ガスバーナ50,000kcal/h(LPG)

搬送方式

チェーンコンベア式

ワーク

アルミ部品

その他

出入口自動昇降扉付、 一個流し

アルミエージング炉

アルミ部品の時効処理を目的としたエージング炉です。チェーン搬送により、炉内に自動投入されます。炉内熱風循環方式により、昇温時間が大幅に短縮されました。

装置名

アルミエージング炉

方式

熱風循環式

設備寸法

W3800×D10000×H3200(扉門柱高:4800)mm

温度制御 MAX:250℃
熱源(容量)

ガスバーナ(700,000kcal/h)

搬送

チェーンコンベア式

チェーン搬送式 アルミ部品T6熱処理炉

アルミパイプのT6熱処理炉です。高速で熱風を循環させ、素早い昇温と炉内の温度分布の均一化を図っています。ワーク搬出後、焼き入れ水槽に自動搬送されます。

装置名

チェーン搬送式 アルミ部品T6熱処理炉

方式

ガス熱風循環式

設備寸法

W2600×L7800×H3000 mm

温度制御 480℃(MAX:530℃)
熱源(容量) LPG(24,000kcal/m3)
ワーク

アルミパイプ 60本/h(最大100Kg)

材質 外装:鋼板塗装仕上
内板:SUS304

バッチ式 T5アルミ熱処理炉

プログラム温度調節機能により、二段階昇温が可能です。また左右個別に温調することで、均一な炉内温度分布を実現しました。

装置名

バッチ式 T5アルミ熱処理炉

方式

電気熱風循環式(両側吹出し)

炉内寸法

W2200×D1000×H1800 mm

温度制御 1段目:110℃、2段目:180℃(MAX220℃)
熱源(容量) 電気ヒータ(30kW)
ワーク

アルミパイプ 200本/バッチ

材質 外装:鋼板塗装仕上
内板:SUS304

小型部品T5熱処理炉

高速熱風を用いて、大幅に処理時間を短縮しました。
また炉内の特殊ノズルにより、各列で均一なワーク温度を実現しています。

装置名

小型部品T5熱処理炉

方式

高速熱風循環式

設備寸法

W1800×L2200×H1500 mm

温度制御 MAX:250℃
熱源(容量) 電気ヒータ(30kW)
搬送

バー式チェーンコンベア

材質 外装 鋼板焼付け塗装仕上

2段式T5熱処理炉

2段式にすることで、処理量に対して設置面積を大幅に縮小しています。
また、熱処理後に冷却ゾーンを設けました。

装置名

2段式T5熱処理炉

方式

高速熱風循環式

設備寸法

W3200×L3800×H2200 mm

温度制御 MAX:250℃
熱源 電気ヒータ(50kW)

搬送

バー式チェーンコンベア

備考 冷却ゾーンあり

T6アルミ熱処理回転炉

円柱形状の棚を炉内に設け、炉内へワークを投入して棚を回転させ、溶体化処理(時効処理)を行います。 省スペース、高速熱処理を実現した装置です。

装置名 T6アルミ熱処理回転炉
外形寸法 炉内寸法:φ3200×H2100 mm
温度制御 炉内温度:510℃
熱源(容量) LNG(240kW)
材質 外装 鋼板塗装仕上

実験用加熱炉

MAX温度550℃までの加熱が可能です。温度の他にも炉内の風速・風量を変えることができます。クロスフローファンを使用することにより、炉内の温度分布を均一化、コンパクトな設計が可能になりました。

装置名 実験用加熱炉
外形寸法 W2000×H2200×D1500 mm
温度 MAX550℃
熱源(容量) 電気ヒータ(50kW)
方式 熱風循環方式

このページの先頭にもどる

Copyright (C) Ecology and Combustion Inc. All Rights Reserved.